USBケーブル沼からの脱却

USBに規格が多すぎて、わかりにくい・・

Thunderbolt 3(スパーン!)ってみたいに、わかりやすくならないかねぇ。

パソコンやAndroidの充電やデータ転送のためのケーブルとしてヘビー利用していたもの

Androidスマホ用USB3.1タイプC – A ケーブル

Androidスマホ用USB3.1タイプC – C ケーブル

Androidスマホとパソコン間のデータ転送と、充電にもUSB 3.1 Gen2 という規格がいまのところ良いそう。

USB ケーブル Type C を適当に買ってはダメです。

まず、混同しがちなUSB規格とUSB端子規格とは違う」ということと、それぞれの規格の多さ(カオスさ)は半端でないので気を付けたいところです。

USB規格の多さ

  • USB 1.0
  • USB 1.1
  • USB 2.0
  • USB 3.2 Gen 1
    • 名称履歴「USB 3.0」→「USB 3.1 Gen 1」
    • 別名「USB 3.0」とか「SuperSpeed USB」
    • 転送速度は最高5Gbps
  • USB 3.2 Gen 1×2
    • ×2は USB3.2 Gen 2の送受信デュアルレーンという意味らしい
    • 最高転送速度 10Gbps(5+5で)
    • ケーブルの長さは2m以内(5Gbps+5Gbpsなので)
  • USB 3.2 Gen 2
    • 旧名称「USB 3.1」「USB 3.1 Gen 2」
    • 別名「USB 3.1」とか「SuperSpeed USB 10Gbps」
    • 最高転送速度 10Gbps
    • ケーブルの長さは1m以内(10Gbpsなので、そう決まっている)
  • USB 3.2 Gen 2×2
    • 別名「USB 3.2」とか「SuperSpeed USB 20Gbps」
    • ただ USB 3.2 って言ってしまうと、どの3.2?となってしまうのでややこしい。
    • というか USB 3.2 Gen 3 じゃないのかよ、という命名ルールが意味不明
    • ×2は USB3.2 Gen 2の送受信デュアルレーンという意味らしい
    • 転送速度は最高20Gbps

この歴史を空で言える人とは友達になりたい。

参考 : WikiPedia

※bpsとはビットパーセコンドと読みます。詳しくはこちら。

USB端子規格の多さ

  • USB 2.0 Type-A
  • USB 2.0 Type-B
  • Mini USB 2.0 Type-B
  • USB 3.0/3.1 Type-A
  • Micro USB 2.0 Type-B
  • Micro USB 3.0/3.1 Type-B
  • USB 3.2 Gen 1 Type-C
  • USB 3.2 Gen 2 Type-C

あれ、Thunderbolt ってなんだっけ?・・・割愛。

Mini USB 割と普及してけど見なくなったなぁ・・音楽メディアのMD(MiniDisc)もそうだけど、Miniってつくやつは・・・割愛。

USB 3.1 でも PDに対応していないと「あれ、Type-Cケーブルなのにパソコンに充電できなくない?」ということが起こります。ゴミになってしまう可能性が大です。さんざん悩まされてきました。

2020年4月現在は、USB 3.2 Gen2 と調べても商品が出てきませんので、復旧しているのは USB 3.1 Gen 2 が流通している商品化と思います。

もしPD充電する場合は、ちょっと割高ですが「USB 3.1 Gen 2 Type-C PD 100W」と検索し、そのように書かれている商品を買うと安心です。ちなみに1m以上の長いケーブルがあまり見つかりませんね。

エレコム Nimasoもよさそう。

 

どれ買えばよいの

結果として、Type-Cでのパソコンの充電やデータ転送にはいったい どれを買うべきか・・

私の結論は まさかの Thunderbolt 3 です!爆

Thunderbolt 3 ケーブル 40Gb PD 100W  とAmazonで検索してでてきたものがいいと思う。

USBケーブル なんちゃら・・ という検索ワードで検索すると、結局どれを買えばよいかわからない沼にはまります。

ここまで消費者を悩ませるUSBの規格の多さは、誰が責任をとるのか。みんな Thanderbolt(スッキリ)にかたむくよね。

でも、USB頑張れ。

 

ITエンジニアが業務で実際に使用している機器のご紹介 の記事もご参考下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました